皮膚科

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能の低下、ハウスダスト、ストレス、遺伝などが原因と言われている、慢性的な皮膚炎です。 顔や首、肘、膝関節の裏側などに、痒みを伴う湿疹が生じます。
薬物療法と生活指導による治療を行います。
季節や環境の変化によって症状が大きく左右されるため、症状が治まってからも定期的に受診することが大切です。

ヘルペス

単純ヘルペスウイルスの感染によって口唇、胸部、鼻の下、耳、指、首、外陰部など起こります。皮膚、粘膜に水ぶくれやただれなどを生じさせます。
また、ピリピリ・チクチクとした痛みを伴います。 タオルや食器を介した感染、キスやオーラルセックスなどによる感染などがあります。 抗ウイルス薬にて治療します。

にきび(尋常性座瘡)

二条駅のにきびの皮膚科

にきびとは、性ホルモン、過剰な皮脂分泌、毛穴の詰まり、アクネ菌の増殖などを原因として発症する発疹です。
毛穴が詰まった「コメド」という状態(黒にきび・白にきび)からはじまり、その頃から皮膚がザラザラとします。
放置すると炎症・化膿を起こして目立つようになり(赤にきび・黄にきび)、にきび跡が残りやすくなります。
ご自宅でのケアも大切ですが、医療機関で治療を行うことが、にきびを綺麗に治すため、にきび跡を残さないためには重要になります。
当院では、アダパレン、過酸化ベンゾイル、抗生物質、ビタミン剤、漢方などによる治療を行います。また、ケミカルピーリング(自費)を併用すると、にきび跡の改善にも繋がります。その他、生活指導、洗顔・ケア指導も行います。 。

蕁麻疹

二条駅の蕁麻疹の皮膚科

蚊に刺されたような皮膚の盛り上がりが生じ、多く痒みを伴う発疹です。24時間以内に症状は消失しますが、場所を変え何度も繰り返すことがあります。慢性化すると、治癒までに時間がかかることが多くなってきます。
蕁麻疹の8割は特発性の蕁麻疹という原因がはっきりしないものであり、特定の食品や物質、紫外線、ウイルス感染、薬剤、ストレス、疲れなど、さまざま要因が組合わさって発症することがあります。
治療では、基本的には抗ヒスタミン剤の内服治療を行います。症状が強い場合は注射、点滴などもお受けいただけます。

帯状疱疹

顔や身体の左右どちらか片側に、赤みを伴う水ぶくれをきたす皮膚疾患です。また、ピリピリ、チクチク、ズキンズキンといった痛みを伴うことも多くなります。 水ぼうそうにかかったことのある人が持つ「水痘・帯状疱疹ウイルス」の増殖・活発化によって発症します。
治療では、抗ウイルス薬、鎮痛剤・神経痛治療薬、外用薬などを使用します。また、体力や免疫力を回復させるための生活指導も行います。

皮膚のできもの

良性腫瘍

よく見られるのが「粉瘤(アテローム)」、「脂肪腫」です。 粉瘤は、皮膚下に生じた袋状の構造物に角質や皮脂が溜まったものです。発症しやすい部位としては、顔、首、背中、耳の後ろなどが挙げられます。
脂肪腫は、皮膚下で脂肪細胞が増殖したものです。発症しやすい部位としては、首、肩甲骨、上腕、背中、大腿などが挙げられます。 いずれも良性であり、悪性化することはほとんどありません。

イボ(尋常性疣贅)

ヒトパピローマウイルスの皮膚への感染によって発症します。 皮膚が硬く盛り上がります。色や形はさまざまです。
当院では、液体窒素による凍結療法(保険診療)に加えて、内服薬や外用薬による治療等も行っております。

たこ・うおのめ

二条駅のたこ・うおのめの皮膚科

皮膚が外側に向けて厚く盛り上がった状態を「たこ」、皮膚の内側に向けてくさび状の“芯”が生じ、痛みを伴う状態を「うおのめ」と言います。 どちらも、靴が合っていない場合などに発症します。
塗り薬、外科的な処置、レーザーなどで治療します。

円形脱毛症

円形脱毛症

境目が明らかな部分的な脱毛です。“ストレスが原因”というイメージが強くありますが、実際には遺伝や自己免疫が原因となっているのではないかとも言われています。
性別な年齢に関係なく起こります。 塗り薬や内服薬で治療します。

湿疹

皮膚の表面で起こる炎症のことを指します。毒性を有する植物・洗剤・薬品などの刺激によるもの、金属・化粧品・ゴムなどによるアレルギー性のもの、皮脂の分泌異常によるものなど、その原因はさまざまです。 炎症や痒みを抑えながら、原因に応じた治療を選択します。

とびひ

皮膚の細菌感染症です。お子様によく見られます。水ぶくれが生じるタイプと、かさぶたが生じるタイプに分けられます。
症状が現れている部分を触った手で身体をかくと、その小さな傷口から感染が広がり、症状が“飛び火”します。また、水ぶくれが潰れたときには、中の液体によってまわりの人に感染させてしまうことがあります。
治療では、細菌の活動を抑えるための飲み薬や塗り薬を使用します。

白癬(水虫)

二条駅の白癬(水虫)の皮膚科

白癬菌が足の皮膚に入り込んで感染します。指と指のあいだ、土踏まず、かかとなどで発症することが多くなります。
スリッパやカーペットはもちろん、フローリングなどを介して感染することもあります。
放置していると足の爪に派生し、爪の先から白く濁る爪白癬(爪水虫)を起こすリスクも高くなります。 治療では、外用または内服の抗真菌薬を使用します。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:075-334-5270お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:075-334-5270 24時間WEB予約24時間WEB予約