内科

一般内科

一般内科

風邪、発熱、頭痛、腹痛、吐き気等の一般的に良くみられる体調不良から、高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで幅広く診察しております。
前述した症状に当てはまる方のみならず、「なんとなく体調が優れないけど、どこを受診して良いのかわからない。」という方や「健康診断を受けて『再検査』と書かれているけれど、どうすれば良いかわからない。」という方もお気軽にご相談ください。

対象となる疾患

  • 頭痛
  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 動悸
  • 息切れ
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 糖尿病
  • 高尿酸血症(痛風)
  • 更年期障害
  • 不眠症
  • 頭痛

など

生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは食事、運動、飲酒、喫煙、ストレスといった生活習慣が大きく関与し、発症の原因となる病気の総称です。日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患であり、更に脳血管疾患や心疾患の危険因子となる動脈硬化症・糖尿病・高血圧症・脂質異常症などはいずれも生活習慣病であるとされています。これらの疾患を長期間放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めてしまいます。検診で異常を指摘された方は早めに受診されることをお勧めします。

当院では必要に応じて、専門医と連携し治療を行っております。また糖尿病治療の指標となるヘモグロビンA1c(HbA1c)につきまして、院内の迅速検査にて採血後すぐに結果をお知らせすることができます。
最近では検診で、病気を発見するだけでなく結果を元に生活習慣を見直し、ライフスタイルの改善も重要と考えられています。運動、食事、睡眠、喫煙、飲酒等についてご希望に応じてアドバイスさせて頂きます。どうぞお気軽にご相談下さい。

高血圧

高血圧とは
高血圧

安静状態で慢性的に血圧が高い状態が継続することです。具体的には、収縮気血圧(上の血圧)が140㎜Hg以上、または拡張気血圧(下の血圧)が90㎜Hg以上を示している血圧が高い状態です。自覚症状は殆どありません。
血圧が高い状態が続くと、血管の内側から強い圧がかかり続け、血管の壁が次第に厚く硬くなり(動脈硬化)、そのまま進行し続け、気付かないうちに様々な合併症を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞等生命に関わる重大な病気の原因となります。このことより高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれています。

高血圧の原因

高血圧は大きく2種類に分けられ、前述した肥満、喫煙習慣、塩分の過剰接種、遺伝、ストレスなどが原因と考え原因を特定できない高血圧を本態性高血圧とよび、高血圧症全体の9割を占めています。また、腎疾患や内分泌疾患等、原因を特定できる高血圧を二次性高血圧とよび原疾患に対する治療が必要です。

高血圧の治療

治療では、まずは食事療法と運動療法が中心となります。十分な効果が得られない場合には、降圧剤を用いた薬物療法を取り入れます。

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症とは

血液中の中性脂肪やコレステロールなどの脂質の代謝が正常でない状態のことで大きく分けて

  • LDL(悪玉)コレステロールが多いタイプ:高LDLコレステロール血症LDLコレステロール値が140㎎/dl以上
  • HDL(善玉)コレステロールが低いタイプ:低HDLコレステロール血症HDLコレステロール値が40㎎/dl未満
  • 中性脂肪(トリグリセライド: TG)が多いタイプ:高トリグリセライド血症(TG血症)トリグリセリド(中性脂肪)が150㎎/dl以上

からなります。
さらに脂質異常症は、他の病気に伴って起こるもの(続発性)と、他の病気を伴わずに起こるもの(原発性)とがあります。続発性脂質異常症には、ホルモンの分泌異常によるもの(甲状腺機能低下症等)や、糖尿病 腎臓病、肝臓病、副腎皮質ステロイド治療、経口避妊薬によるものなどがあります、この場合、原因となっている疾患の治療により改善する事もあります。

原発性脂質異常症の場合は、体質、食習慣の欧米化、運動不足、体重増加など生活習慣が主な原因で、成人以降に発症します、過食、運動不足、肥満、喫煙、アルコールの過剰摂取、ストレスなどが関係しているといわれています。
自覚症状を認めないため、この状態のまま過ごされる方も少なくありません。脂質が増えると血管の内側にたまり動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの深刻な病気を引き起こすリスクも高くなるため早期発見し早期改善が求められます。

脂質異常症の原因

(原発性)脂質異常症の発症には過食、運動不足、肥満、喫煙、アルコールの過剰摂取、ストレスなどが関係しているといわれています。またこの中には遺伝的な要因によって起こる「家族性高コレステロール血症」と呼ばれているものも含まれます。このタイプはLDLコレステロール値が著しく高く、動脈硬化が進行しやすいことが知られています。血縁関係のあるご家族に脂質異常症や55歳未満(男性の場合)または65歳未満(女性の場合)で心筋梗塞を起こした方がいる場合、家族性高コレステロール血症の可能性も考えられます。
ご自身のLDLコレステロール値を確認してみましょう。

脂質異常症の治療

脂質異常症(高脂血症)の治療には、食事療法・運動療法・薬物治療の3つがあります。まずは3~6ヵ月の食事療法と運動療法を用いた生活習慣の改善を行います。
生活習慣の改善を行った結果、脂質の値の改善が認められない場合はまたは、動脈硬化などの危険性が高いと判断された場合、薬物療法が検討されます。

糖尿病

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病とは、膵臓から出るインスリンというホルモンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。
以下の2つを同日か、あるいは別の日に2つ認められた場合に、糖尿病と診断されます。

  • 空腹時血糖値(10時間以上絶食後の、早朝空腹時の血糖値)が126mg/dL以上
  • HbA1c が6.5%以上

血糖値は、ある日急に高くなるものではありません。生活習慣の乱れなどによって徐々に上昇し、正常型から境界型、糖尿病型と進み、上記の条件を満たしたときに糖尿病の診断となります。
症状は少なく、健康診断などで糖尿病が判明することもあります。かなりの高血糖となって現れる症状としては、喉が渇く、水をよく飲む、頻尿、体重減少、疲れやすくなるといったものが挙げられます。
高血糖が続くと、全身の血管が傷つきます。狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった深刻な病気を引き起こすリスクが高くなります。また、糖尿病の特有の合併症である糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症も同様に、糖尿病が進行するほどその発症のリスクが高まります。
また、糖尿病は以下のように、大きく4つに分類されます。

1型糖尿病 何らかの原因により、膵臓のβ細胞が破壊され、インスリン分泌が低下して血糖値が高くなり、発症します。β細胞が破壊される原因は未だ解明されていません。若い方に多く見られますが、幅広い年代で発症します。
治療では、インスリン注射が必要になります。
糖尿病全体の5%程度が、この1型糖尿病です。
2型糖尿病 生活習慣の乱れ、遺伝的影響を原因として、インスリン分泌の低下、インスリンが効きにくくなることで血糖値が高くなり、発症します。中高年に多く見られます。
治療では、食事療法・運動療法・薬物療法が行われます。
糖尿病全体のほとんどが、この2型糖尿病に分類されます。
特定の機序・疾患による糖尿病 遺伝子異常、膵外分泌疾患、内分泌疾患、肝疾患、薬剤や化学物質、感染症、免疫機序による稀な病態、治療薬の影響によって血糖値が上昇し、発症します。
原因となっている疾患の治療が必要です。
妊娠糖尿病 妊娠中に初めて判明した、糖尿病には至っていない血糖の上昇を指します。妊娠中は空腹時の血糖値が低く、また胎盤から分泌されるホルモンによってインスリンが効きにくいため、食後の高血糖を招きやすい状態です。
出産まで、胎児には十分な栄養を与えつつ、母体の血糖管理をしていく必要があります。ほとんどの場合において、出産後は高血糖が改善されます。ただ、妊娠糖尿病になった方は、そうでない方と比べて、将来糖尿病になる可能性が高いと言われています。
糖尿病の原因

2型糖尿病の原因は、食べ過ぎ、運動不足、肥満、飲酒、喫煙といった生活習慣の乱れ、遺伝的影響などがあります。加えて、糖尿病の家族歴がある方、高血圧の方も糖尿病の発症リスクが高くなると言われています。
その他、遺伝子異常、膵外分泌疾患、内分泌疾患、肝疾患、薬剤や化学物質、感染症などが糖尿病発症の原因になることもあります。

糖尿病の治療

2型糖尿病の治療には、食事療法、運動療法、薬物療法があります。まずは食事療法・運動療法に取り組んでいただき、血糖コントロールがうまくいかない場合に、薬物療法を取り入れます。
内服薬には、インスリン分泌を良くするもの、効きやすくするもの、糖の分解・吸収を遅らせるもの、糖の排泄を遅らせるものなどがあります。注射では、インスリン分泌を促すもの、インスリンを補充するものがあります。

高尿酸血症(痛風)

血液中の尿酸値が通常より高い状態を「高尿酸血症」と呼びます。
ビールやレバーなどに多く含まれるプリン体の摂取量の増加、腎臓からの尿酸の排泄低下、肥満やがん細胞による尿酸の産生増加などを原因とします。
高尿酸血症そのものには、症状がありません。しかし尿酸が関節・腎臓で結晶をつくりようになると、関節の激しい痛みや腎機能障害をきたします。これが、「痛風」です。

高尿酸血症(痛風)の治療

まずは食生活の見直しと必要に応じて内服薬にて治療します。
薬物療法では、尿酸の産生を抑制する薬、排泄を促す薬を使用します。
また、痛風発作の痛みには、鎮痛剤を使用します。

健康診断で異常値を指摘されてどこに行っていいかわからない方へ

他院などで健康診断を受け、異常値を指摘されて診断・治療を必要とされている方、さらに詳しく検査を受けたいという方は、当院にご相談ください。
必要に応じて専門医と連携しながら、適切な検査・診断・治療を行います。

一番上に戻る
お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:075-334-5270お電話でのご予約・お問い合わせ TEL:075-334-5270 24時間WEB予約24時間WEB予約